不動産屋さんが教える 流行のリノベーションを検討してみよう

リノベーションにかかる費用の目安

あらかじめ金額を概算してみる

リノベーションはケースによって工事範囲が大きく異なるため、一概に金額の目安を出すことはできません。そのため、「費用がわかりづらい」という不安の声もよく耳にします。もちろん、業者に見積を頼めば金額は出てきますが、その前にある程度の目算はつけておく方がスムーズに進行できるでしょう。  
そこで、まず目安として考えたいのが平米単価です。物件によって幅はありますが、概ね、1平米あたり10~15万円の費用が相場となっています。これで、広さによる概算が可能となります。ただし、水周りなどリノベーションにお金のかかる部分は単価も高くなるため注意が必要です。  また、先に予算を決めておくのもひとつの手です。例えば、最初に予算を500万円と決め、リノベーションしたい部分の優先順位を決めます。そのうえで業者に相談すれば、予算内でどこまでできるかわかるほか、費用を抑えた方法の提案ももらえるでしょう。注意したいのは、あらかじめ自分の中である程度イメージを固めておくこと。“なんとなく”のイメージでは、業者もどこまで工事が必要か判断できないため、良い提案ももらえなくなります。まずは施工事例などを本やインターネットで調べ、明確なイメージを持つようにしましょう。リノベーションする際は、“どんな家に住みたいか”、その次に“金額”の順で考えるのが良いでしょう。

定額制など価格を抑える方法も

予算が見えずに不安という方には、あらかじめ金額が決まっている「定額制リノベーション」という選択肢もあります。これは、業者があらかじめリノベーションのパターンを準備して、その範囲で決定していくというもの。すべて自分で決めるリノベーションが注文住宅ならば、定額制は建売住宅のようなものと考えると良いでしょう。決められた範囲の中での選択となりますが、品質が落ちるわけではありませんので、自分の好みに合うものがあれば定額制を選ぶのもひとつの方法です。

記事一覧

ページのトップへ戻る